ゆらゆらまるカップ

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

■ゆらゆら〜WAVE CUPのデザインについて

ゆらゆら〜WAVE CUP土とロクロ成形でのみ可能な柔らかい造形を目指しています。

ロクロ目が大きくゆったりと出るように、ロクロの回転を遅くしています。
一息で挽けるところを意図的に何度かに挽き分けたり、下に向けて手を動かしたりすることでロクロ目の表情が単一にならないように注意しています。

見る角度によって様々なシルエット、表情が出るように気を付けています。
勢いよくそぎ落とされた下部分の面取りが、全体を引き締めています。

底は3角形になっているので、グラグラしません。

全体的にシンプルなデザインですが、大きなロクロ目で引っ掛かりが多く持ちやすくなっています。


■色彩について

ゆらゆら〜WAVE CUP昭和備前を代表する焼き色「紫蘇色に炭サンギリ」。

地の赤紫のようなチョコレート色のような色を「紫蘇色」、青いモヤモヤ模様やその周辺の色のグラデーションを「サンギリ」と呼んでいます。

焼き上がりの高温時に木炭を作品のまわりに入れることで得られるこの模様は平成の今となっても、やはり、もっとも備前らしい、備前焼独特の焼き色だといえます。