■クワイエットハウスとは
備前焼工房クワイエットハウスについて




■備前焼のこと
備前焼工房クワイエットハウスについて
岡山県備前市では1000年の昔から途切れなくやきもの作りが行われてきました。
特徴は土の色と手触りを大事に生活の器を作リ続けてきたこと。
水と土、木と炎、山の恵み。
長い歴史の中で、素材への感性・理解が高められ
備前焼は、かけがえのない文化になりました。


備前焼工房クワイエットハウスについて
備前焼は生活の中でこそ輝きます。
その器を使う人々は、そうとは気づかない間に
やきものの持つミニマルな素材感との高度で知的な対話を実現しています。
プリミティブな力を内包した、ユニークかつ知的な陶器
それが備前焼なのです。




■香登奥谷の備前焼工房
備前焼工房クワイエットハウスについて
室町初期に書かれた紀行文
今川貞之の「道行きぶり」に 備前焼の里、香登に関する一節があります。

かゞつといふさとは、 家ごとに 玉だれのこがめといふ物を つくれるところなり


備前焼工房クワイエットハウスについて
クワイエットハウスの工房と登窯があるのは その香登。
ここは本当に穏やかで閑かな山です。
QUIET HOUSE=しずかな舎(いえ)
穏やかに流れる時間と風景の中で
一つずつ手作りで作られる器たち




■わたしたちが作っています
備前焼工房クワイエットハウスについて
「クワイエットハウス」は
4人の陶芸家で一つのブランドを運営する"備前焼製作ユニット"です。。

これからのライフスタイルにかなった
やさしい テーブルウエア
        備前焼を提案していきたいと思います。


製作スタッフ
小橋順明 植山黄世 藤原加寿子 山村富貴子
※それぞれの作家は個人で製作、発表活動をしている陶芸家です。



備前焼工房クワイエットハウスについて 備前焼工房クワイエットハウスについて 備前焼工房クワイエットハウスについて




■工房・登窯
クワイエットハウスは、備前焼いなば屋 (有) 工房 / 登窯をお借りして運営しています。
この登窯は昭和60年(1985)に築窯されました。
その後、補修を繰り返しながら現在に至ります。
現在は、年1回クワイエットハウスで窯焚きを行っています。

備前焼工房クワイエットハウスについて 備前焼工房クワイエットハウスについて

※工房は通常は非公開ですが、ご来窯ご希望の方はお問い合わせフォームからお問合せください。

備前焼工房クワイエットハウスについて

クワイエットハウスは2015年春から始まりました。
私たちの取り組みは始まったばかりですが、長くお客様に愛される工房にしたいと思っています。
どうかよろしくお願いいたします。