■備前焼のお手入れ
備前焼が届いたら
お届けした備前焼には焼いた時や窯出しした時についた土や灰が付いていることがあります。
まずはよく洗ってください。


ご使用の際の注意点
・オーブンや直火は必ず割れますので厳禁です。
・電子レンジや食洗器でのご使用はおすすめしません。
・ランチョンマットやコースターのご使用をお勧めします。
 器の底はテーブルなどがあまり傷つかないように手入れしてありますが、塗り物などの上でご使用の場合は塗り物を傷つける恐れがあります。ご注意ください。
・洗った後は、よく乾かしてください。

備前焼のお手入れ


備前焼とキズ
備前焼は天然の土の質感を大切に作られ、薪窯焼成での自然な「窯変」にこだわります。
そのため土の中にある石による小ヒビ(石ハゼ)や、焼成中に灰が被る、他の作品と当るなどによる「くっ付き」等が見られることがあります。
作品は一つ一つ丁寧に検品します。
美観を損なう傷や、水漏れなどは当然不良として除外されますが、石ハゼやくっ付きによる小さい傷などは美観に影響ないと判断し、不良とみなさないことも多くあります。
このような「土の変化」を作品の個性として受け止め愛でることは、古来より育み親しまれてきた日本人の美学で、備前焼鑑賞の本質、同時に醍醐味でもあります。
どうかご理解ご了承の程よろしくお願いいたします。


トラブル
・欠けてしまったら
端っこがちょっと欠けたなどの場合はサンドペーパー(100番位)で擦って痛くない程度に滑らかにごまかしましょう。まだまだあなたのもとで働きます。
釉薬ものではこうはいきません。

・カビが付いてしまったら
とにかく洗剤でよく洗って、それでもだめなら漂白剤です。たいていの場合はこれでなんとかなるはずです。
この方法は激しい茶渋などにも有効です。

・石ハゼなどの水漏れ
備前焼は土の荒いものなど、年月が経つとごく稀ですが、石のところから水がもれることがあります。
応急処置としては水漏れしているところに飯粒を擦り込むと水漏れは止まります。
(にじみ出てくるような水漏れには効果はございません)
飯粒を擦り込んだ後、周りの飯粒をきれいに拭いてよく乾燥させるのがコツです。
        
・しっとりとしみだすような水漏れ
 重湯(米のとぎ汁などの炊いたもの。鍋にひとつかみほどのお米をいれた薄ーいお粥のようなもの)を器に入れてしばらく置き、漏れが止まったら軽く洗ってよく乾燥させてください。これを漏れが止まるまで繰り返します。
        

■アフターケア
金継ぎ例当店でお買い上げの器は無償で修理いたします
備前焼は土の荒いものなど、年月が経つと土の中の石のところから水がもれることがあります。
また、お使いいただく中で欠けてしまったりすることもあるかと思います。

「お客様には私たちの作品を良く仕える器として長くご愛用いただきたい」

当店ではアフターケアとして、お買い上げいただいた作品について無償で修理を行っております。
作品の状態によっては不可能なものもございますので、まずはお気軽に作品の状態などをメールでお伝えください。
※修理ご依頼作品の往復の送料はご負担いただいております。

現在クワイエットハウスで行える修理方法は以下3つです。

・欠け、割れ
エポキシ系樹脂、接着剤による補修の上にカシュ-漆塗装+真鍮粉蒔絵による金継ぎ

・石ハゼなどによる水漏れ
水漏れ部分へのシアノアクリレート系接着剤充填で対応

・浸みだすような水漏れ
食器用液体セラミックで対応

当店では、
耐熱性、耐酸性、加水による化学変化など含めて安全性には問題ないと判断しております。
修理をお申し付けの場合は上記修理の内容をご理解ご了承いただいた上でご依頼ください。

お問い合わせはこちらをクリック